長野高教組 長野県高等学校教職員組合

長野県高教組とは

長野高教組の歩み ~結成60年~

長野県高等学校教職員組合(長野高教組)は2012年6月29日に結成60年を迎えました。長野高教組の60年は、子供たち一人ひとりが大切にされる学校や、教職員が働きやすい民主的で自由な職場をつくるために、みんなで力を合わせて頑張ってきた歴史です。

子供たちがよりよい条件で学べるように

教育条件改善のとりくみは高教組が最も力を注いでいる活動です。
「40人学級実現」の運動を始めたのは1979年。多くの父母や県民の共感を得ながら1989年から始めた「県民教育署名」によって、1992年には国に先がけ県単独予算で「40人学級」を実現させました。引き続き35人・30人学級実現に取り組み、1994年には県議会において全会一致による「35人以下学級実現のための請願」採択がされました。20年以上にもわたるねばり強い運動により、2002年度からは念願の「35人規模学級」が小学校1年生から導入されました。
各学校の教育条件改善のために、学校長・PTA会長・分会長の三者連名で行っている「PTA署名」は全国的にも誇れる長野高教組のとりくみで、大きな成果を上げています。

地域とともにくらしを豊かに

賃金・権利の拡充など労働条件改善の運動は労働組合の「本務」ともいうべき仕事です。
春闘による民間賃金調査を元にした人事院勧告・県人事委員会勧告を受けて行われる地公労や高教組のたたかいによって、私たちの労働条件は決定します。近年、不況や財政難を口実にした「賃下げ」や「人減らし」が当たり前のように行われ、政府は公務員攻撃の一大キャンペーンを展開しています。こうしたなか地公労や高教組の団結によって充分とはいえないまでも貴重な成果を勝ち取っています。「賃下げ」「リストラ」「小さな政府論」を錦の御旗のように振りかざしている攻撃をはね返すには、国民や労働者の大きな共同が不可欠であると考えます。だからこそ賃金・権利のみに陥ることなく、日々の教育活動を大切にしているのです。

自由な職場・あたたかい仲間

「長野の高校職場ほど、どんなことでも言い合えて、自由な雰囲気の職場はない」と、県外での教員経験をもつ人からの感想をよく耳にします。「長野高教組に加入するメリットとは何か?」というような質問をされることがありますが、賃金や権利・労働条件の改善はもちろんのこと、「どんなことでも言い合える」職場づくりも教育現場で働く私たちにとって大切なことではないでしょうか。
職員会の合意を大切にしない風潮が現れ始めている今だからこそ、みんなで団結して自由で明るく働きがいのある職場をつくっていこうではありませんか。

自主的で自由な研究を大切に

子どもたちの教育に直接責任を負う教職員にとって、教育研究や研修はいわば「生命線」です。
高教組は、研修はすべて「自主的な参加」で「民主的な内容と運営」が保障され「公開」されなければならないと考えています。
「初任研」や「経年研」が導入されるときも当局と何度も協議を重ね、その原則を確認してきました。自主的な教育実践を発展させ、生徒や保護者の願いに応えていくために、ともに頑張りましょう。

加入申込み書はこちらから 長野県文化厚生協会 長野県高等学校生活協同組合 長野県教育文化会議 長野県全教共済 必要書類がダウンロードできます 全教自動車保険 お見積りはこちら アクセス お問い合わせ